リンゴの名産地・青森で新旧の栽培方法を研究。赤石農園のリンゴ作り。

2019.09.27

Farm to cup

Interviewee Profile

赤石 淳市

Interviewee Profile

赤石 淳市

株式会社 RED APPLE 赤石農園 代表取締役

青森県弘前市で、弘前ふじや葉とらずジョナゴールドなど20種類以上のリンゴを総勢8名で作られてます。まんべんなく日光にあたるよう、ひとつひとつを手に取って位置を調整するなど、おいしいリンゴを育てるために手間をかけた栽培をされていらっしゃいます。

こんにちわ。HiO ICE CREAM代表の西尾です。
9月に入り、少しずつ涼しさを感じられる日が増えてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は10月より期間限定でスタートします『林檎ミルク』アイスクリームに使わせて頂いている青森県弘前市のりんご農家の株式会社RED APPLE 赤石農園さんにお話しを聞いてきました。

弘前市のりんごの歴史

日本におけるりんごの生産量は約75万トン。その中でも青森県弘前市は約16万トンを生産する日本一のりんご生産地で、大小合わせて約6000戸の農家で計300万本を超えるりんごの樹が植えられているそうです。

りんご栽培の歴史を少し調べてみると、はじめて弘前にりんごが紹介されたのは明治8年。弘前の私学東奥義塾という学校の米国人教師ジョン・イング氏がクリスマスに教え子らに西洋りんごを食べさせたのが最初といわれているそうです。 当時の明治新政府は勤農政策に積極的に推奨する中、りんごもそのひとつとして苗木が青森県下に配布され試作されたのですが、生育良好で良く根付いたのが弘前周辺だったようで、その流れで今も弘前市が日本一のりんご産地となっているとのことです。

赤石農園の手を掛けたりんご栽培

僕たちの『林檎ミルク』アイスクリームに使うりんごは、弘前市でトップクラスの生産規模と種類をもつ赤石農園さんから分けて頂きました。

赤石さんの農園は、青森空港から車で約1時間ほどのところにあり、弘前市内に10か所、計14ヘクタールの面積の農園を赤石さんをはじめ8人のスタッフでこの広大な農園を管理・運営されておられます。そして、弘前ふじや葉とらずジョナゴールドなど20種類以上のりんごを育てられています。りんごの収穫時期は、品種により夏頃から数週間ずれていくそうで、10月が1番の作業ピークを迎え、雪が降り始める11月20日頃までに一気に収穫を終えるそうです。

赤石さんは、美味しいりんごを育てたいという一心から、可能な限り化学肥料を使わずに広大な農園を管理されています。品種の特徴に併せて、ひとつひとつの果実を手に取って“くるっ”と回し、まんべんなく日光が当たるように手当をしたり、一部の品種では果実全体に日光があたるように行われる『葉つみ』を行わず栽培した葉とらずりんごも栽培されていたりと、非常に手間をかけた栽培に取り組まれています。

また、弘前のりんごの美味しさの理由は、気候と風土にも要因があるそうです。育てる上で特に重要なことは夏から秋にかけての収穫前の適度に冷涼な気温とのこと。お伺いした9月上旬の日は35度まで上がるとても暑い日でしたが、例年であればお盆明けぐらいからはだいぶ涼しくなるそうで、「今年のりんごは暑さの影響で少し小ぶりだが、その分甘さは引き立つだろう」とおっしゃっていました。

赤石さんが目指す新たな農業のカタチ

赤石さんが考える将来のビジョンは、弘前が誇るりんごのグローバル展開。一方で就農者数の減少という現実に立ち向かうために新たな技術やテクノロジーの採用に向けて、国内だけなく海外の生産地の事例研究もされているそうです。

その一つの実験として、育てられた新たなりんご農園を見せて頂きました。
普通のりんごの樹は他の樹との干渉を防ぐために3~5m間隔で植えるそうですが、オランダなどで進められている80cm間隔で植える栽培方法に取り組まれています。枝や葉同士の干渉を防ぐため、木の幹に沿って下向きに垂直で育つようにコントロールし、必要な栄養分は十分に確保しつつ、木の栽培本数自体が5倍以上にもなることから収穫量の拡大も目指すことができるそうです。

赤石さんは、「自分たちが手をかけて育てたりんごを日本だけでなく海外の方にも楽しんでもらえる機会を増やしていければと思いますし、HiO ICE CREAMのように生産者の想いを代弁してくれるパートナーと共に一歩ずつ成長していければ」と今後の目標を熱く語ってくださいました。

美味しさを高めながら、さらには可能な限り少しでも多くの方に届けていければ、という想いがHiO ICE CREAMのビジョンにも重なるところが沢山あり、とても勉強になった訪問となりました。赤石さんをはじめ赤石農園のスタッフの皆さんが丁寧に育てられたりんごをふんだんに使った『林檎ミルク』アイスクリームをぜひお楽しみください。

2019年10月 Pint Club イロドリと Pint Club &ミルクでお届けしました!

定期宅配サービス Pint Club(パイントクラブ)

2,700円 (消費税込:2,916円) [送料込]

毎月パイントカップ(473ml)を2つお届け。季節のフレーバーをお楽しみいただけます。

Pint Clubについて詳しくみる

花の個性を引き出して束ねる、人と花を繋ぐ花屋『arbluem』

2019.09.18

こんにちは、HiO ICE CREAM 編集チームの田谷です。皆さんはAtelier 自由が丘にお越…

スプーンが止まらない!魅惑のラムレーズンアイスクリーム作り

2019.10.10

こんにちは、HiO ICE CREAM 編集チームの田谷です。 10月から登場した『ラムレーズン』…