甘さと酸味のバランスが取れたイチゴを追い求めて、北海道の弟子屈町へ

2019.04.22

Farm to cup

Interviewee Profile

弟子屈いちご農園の皆さん

Interviewee Profile

弟子屈いちご農園の皆さん

北海道の弟子屈町で、温泉熱を利用してハウス栽培を行っています。イチゴのために常に25度以上の室温をキープし、イチゴの受粉のためミツバチを自由に飛び回らせるなど、おいしいイチゴの栽培のために努力されています。

HiO ICE CREAM の西尾です。
4月に入り桜満開だなと思ったらあっとい間に暖かくなってきましたね。本日は私わたしたちが使わせて頂いている弟子屈農園さんのイチゴについてご紹介します。

春の兆しがみえた3月下旬。釧路空港から車で90分ほど走ったところにある弟子屈町に向かいました。道東エリアの南北中央に位置する弟子屈町は、屈斜路湖と摩周湖があり、町のほとんどを阿寒摩周国立公園内に属した自然豊かな場所です。

所説あるようですが、町自体が約1万年前の噴火でできた巨大なカルデラ内にあり、四方を山で囲われたカルデラ盆地となります。弟子屈農園がある川湯という地域は、掘れば温泉が出るといわれるほど潤沢に温泉が出る土地柄です。

甘さと酸味が共存するイチゴを探しもとめて

イチゴアイスを作ろうと決めた際に、当初から考えていたこととして甘さだけでなく酸味のバランスが取れるイチゴを使うこと。そして可能であれば将来的にはフレッシュな状態で通年収穫できるイチゴを使うことを視野に入れて探していました。

イチゴといえば冬から春を旬とする「一季なり」品種がポピュラーです。
一季成り品種は、低温にならないと花がつかないため、冬から春の低温の時期にしか収穫できません。それに比べ、夏イチゴは一季なりとは違った「四季なり」という品種を用いています。「四季なり」品種は「一季なり」品種と異なり、高温や日照時間が長くても花を咲かせ実をつけるため、夏でもイチゴを栽培することができます。
ですので、当初から「四季なり」品種のイチゴを求めて探し歩きました。

弟子屈農園さんの特徴

2018年12月下旬に弟子屈農園さんを知る機会を得ました。
弟子屈農園さんがある弟子屈町は1年の最低気温が氷点下30度を記録することもあるほど、寒さで有名な町ですが、冬でも町の特徴でもある温泉熱(自然エネルギー)を活用し、化石燃料を用いてハウスを加温することなく、環境にやさしい栽培を行っています。また、ハウスは5棟(栽培面積1ヘクタール)で年間収穫量は30~50トンにもなる大規模栽培を実践されています。そして、周辺には屈斜路湖や摩周湖と純度の高い湖があり水にも困らず、まさに栽培に適した環境と言えます。

1年中栽培できる弟子屈農園さん

弟子屈農園さんのイチゴは、四季なり苺種の信大BS8-9という品種のイチゴを栽培されています。香り・酸味・甘みが強く、そして環境負荷が低い温泉熱を活用したハウス栽培をされており通年収穫が可能で僕の理想を叶えてくれるイチゴでした。

育てる努力

弟子屈農園の皆さんに、イチゴ栽培についてお伺いしました。
「夏は朝7時から収穫作業を始めます。ハウスの中は常に25度以上をキープしており、夏は30度を超えますので何度も外に出て水を飲みながら作業を行ないます。このハウスはイチゴのためのハウスなので、人間が合わせてあげる必要があります。

あと、イチゴの実を作るには受粉が欠かせません。その受粉はミツバチが行いますが、ハウスの中では自由に飛び回らせています。最初は怖かったですが、今はミツバチの事をとても可愛く思っています。」

また、仕事のやりがいについて伺うと、「自分たちが育てたイチゴが、北海道から離れた遠いところでも食べてもらえてるんだと思うと嬉しくなります。ですから、西尾さん、美味しいアイスクリーム作ってくださいね」と嬉しい声援を頂きました(笑)。

HiO ICE CREAMへの応援メッセージ

弟子屈農園に伺った帰り道に担当の瀬本さんから、「食の安全・安心をより高め、食の体験を高めるためのひとつの挑戦として、農園を立ち上げました。アイスクリームとしてより多くの方にイチゴをお届けできることはとても楽しみですし、HiO ICE CREAMの取り組みも心から応援しています!」とのお言葉を頂きました。

これからも、生産者の想いやこだわりを大切にした”モノづくり”を目指してまいります。

2019年4月のPint Club イロドリとPint Club &ミルクでお届けしました!

定期宅配サービス Pint Club(パイントクラブ)

2,700円 (消費税込:2,916円) [送料込]

毎月パイントカップ(473ml)を2つお届け。季節のフレーバーをお楽しみいただけます。

Pint Clubをみる

アイスクリームのベースの牛乳、美瑛で出会った軽やかで濃い牛乳

2019.04.17

HiO ICE CREAMを運営する株式会社HiOLI 代表の西尾です。 “HiO”は、太陽のよう…

健康な牛は健康な草から。健康な草は健康な土から。高田牧場さんのジャージー牛への愛情

2019.05.30

HiO ICE CREAM 代表の西尾です。 GWの10連休、皆さんはいかがお過ごしでしたでしょ…